波照間島の宿泊

民宿勝連荘ってどうですか? 知っておくべき6項目とは!?

2017/09/23

民宿 勝連荘

港からは少し離れた南集落にある民宿「勝連荘」の情報です。

気になるお値段~宿の雰囲気まで、勝連荘に泊まるなら知っておきたいポイントをご紹介します。参考になれば嬉しいです。




1. 素泊まりで1泊3,000円前後

波照間の民宿に多い素泊まりスタイルの宿です。当初は1泊2,000~2,500円だったのですが、数年前から1泊3,000円前後に値上がりしています。部屋は襖で仕切られていて、音はどうしても聞こえてしまいます。

繁忙期は相部屋になってしまうこともあります。予約ミスなどもたまにあるそうなので、しっかりと確認しておきましょう。

冷房は付いている部屋と付いていない部屋があります。冷房の使用は有料です。洗濯機も使用出来ます。バストイレは共用です。

部屋や寝具は掃除が行き届いていて綺麗です。お布団は毎日天日干しされていて、シーツもパリッと清潔なので気持ち良いです。

ただ、古い建物なので、トイレやお風呂の水回りには少し年季を感じます。神経質な人には抵抗を感じることもあるかもしれません。

クモやヤモリが出ることがあるので、苦手な人は注意しましょう。特にクモは大きいので驚いてしまうかも。ただ、クモはゴキブリなどの害虫も食べてくれるので、良いのだそう。

それでも沖縄に来たかぎり、虫に関しては多少目はつぶりましょう。1つ注意しておいた方が良いのは、寝る時に開封した缶コーヒーやジュース、お菓子などをそのままにしないことです。飲み物はペットボトル、食べ物は食べ切るか蓋が閉まるものにしましょう。

2. 赤瓦の伝統的な建物も魅力

周囲はグルリとブロック塀に囲われて、庭には大きな木が幾つか植えられています。石柱のある正門もあり、堂々といったおもむきの建物になっています。以前は入口に【勝連荘】と書かれた看板があったのですが今はありません。

門もですが、白い壁、茶色いタイル壁の玄関口はレトロな雰囲気でとても素敵です。古い学生寮やアパートのようなイメージで、温かく感じられます。造りもしっかりしているので、古くとも立派です。合宿に来たような、そんな気分を味わえるかもしれませんね。

屋根は沖縄の伝統的な赤瓦で、守り神のシーサーが飾られています。よく晴れた日は、真っ青な空に赤瓦の屋根が映えて見た目にも気持ち良いですよ。

3. 送迎、レンタサイクルも可能

港からは少し距離があるので、徒歩で行くのは厳しいです。事前に連絡をしておくと送迎をしてもらえます。

レンタサイクルは先着順ですが、1日500円で利用出来ます。浜に行くのにも距離がありますし、色々見て回る予定ならば事前にレンタルの予約をしておきましょう。

4. 100歳になるおじぃは宿の名物

民宿勝連荘は、御年100歳になるおじぃとその息子さん(還暦越え)の2人で経営されています。経験豊富なおじぃの昔話はどれも興味深く、それ目当てにやってくる利用客もいるのだとか。ただし、1つの話が2時間ぐらいあったり、同じ話を繰り返すなんて事もあるので、時間の余裕がある時にお話してみましょう。

ご長寿で面白いおじぃですが、最近は体の調子が悪く1日寝ているという日も多いそうです。おじぃのお話を楽しみにしていた人には物足りなく感じるかもしれませんが、こればっかりは仕方ないですね。

おじぃが人気の宿ですが、息子さんも素朴で優しい方です。現在は殆どの仕事を息子さんがしておられるので、利用客とゆっくり話すという機会はあまり無いようです。送迎の時に島のお話などを聞けることもありますよ。

5. 食事はどうする?

素泊まりなので、食事は各自で用意する必要があります。宿の目の前に売店がありますので、開いていたらそこで購入出来ます。ただし、繁忙期以外は閉まっていることが多いです。少し歩いた先に別の売店もあります。

売店だけでなく、徒歩数分内にカフェや食堂、居酒屋もあるので食事の心配は殆どありません。夕方以降に波照間に着く予定なら、朝食は石垣島で購入しておく方が良いです。

夕飯も各自ですが、利用客同士で近くの味〇という居酒屋に行く人が多いです。1人で行っても誰かが話しかけてくる、それが波照間スタイルです。逆に1人でゆっくり食事をしたい、という場合はお部屋で済ます方が良いですね。

6. ゆんたくは宿主催

お酒を呑んで語り合う“ゆんだく”も沖縄の名物です。民宿勝連荘は、宿主催のゆんたくがあるようですが、今は滅多に開催されないようです。

どうしてもゆんたくをしたい、という場合は近くの居酒屋に行くことをオススメします。ゆっくり休みたいという人には宿でのゆんたくが無い方が良いかもしれませんね。

またゆんたくを開催している民宿には、他の宿の利用客の参加も許可している所が多いです。島内の散策や食事、シュノーケルなどで他の宿の人と仲良くなる機会があるかもしれません。せっかくの旅です、積極的に参加してみましょう。

おわりに

民宿勝連荘もそうですが、波照間の民宿はどこもアットホームで田舎に遊びに来たという気分を味わえます。

利用客同士が仲良くなるのも、田舎のおばあちゃんちな感覚のせいかもしれませんね。あまり“お客様”を意識せず、ゆったりと過ごすことがオススメですよ。


-波照間島の宿泊