波照間島の宿泊

波照間島の民宿『けだもと荘』ってどうなの?5つの魅力を解説します!

2017/09/23

民宿 けだもと荘

波照間島に旅行するなら、観光場所のチェックはもちろん、宿選びも大切ですよね。

今回は波照間島で人気の宿の中から、けだもと荘にスポットをあててご紹介します。




1. リーズナブルな価格が特徴

観光地として人気の波照間島は、ホテルだけでなくペンションや民宿も多く存在します。田舎に帰ったような気分を味わえる民宿って魅力的ですよね。

波照間島にある民宿の1つ、「けだもと荘」は正にそんな魅力が詰まった宿です。

外観はバラック造りの年季のある建物ですが、改装に毎日の掃除、手入れも行き届いていて中は綺麗です。そして何といっても価格がリーズナブルなのが良いですね。現在は素泊まりのみで1泊2,500円になっています。

トイレ、シャワー実も綺麗で、洗濯機は100円で使うことが出来ます。夕食は売店で購入するか、近くのお店に食べに行くという方法を取る人が多いです。徒歩3分程で売店があり、宿の裏に居酒屋もあるので食事には困る心配はありません。

綺麗な海を一望出来るニシ浜までは2km程度の距離があります。散歩がてら歩くことも出来る距離ですが、けだもと荘では無料で自転車も貸し出し可能です。自転車で島内をサイクリングしてみるのも良いですね。

民宿なので、畳に布団を敷いて寝るスタイルです。虫が出ることがあるので、虫除けなどは常備しておくことがおススメです。

2. 送迎付きで観光巡りも

港からは少し距離がありますが、送迎付なので安心です。船の到着時間を前もって電話でお知らせしておくとスムーズです。その日の天候や混雑具合にも左右されますが、宿に向かう道すがら、観光スポットを車で巡って下さいます。夜も雨が降っていなければ、星を観に連れて行ってもらえます。初めての観光なら尚更心強いですね。

迎えの時に、希望する観光スポットを伝えるとそこを回ってもらえます。また、オススメのごはん屋さんや雑貨屋さんなども教えて下さるので、ガイド付の観光気分を味わえますね。車内もクーラーが効いていて快適に過ごせます。

記念写真も撮ってくれて、宿に戻ってからデータをいただけるなどのサービスもあります。夜の天体観測は、希望する宿泊客皆を連れて行ってもらえます。

帰りもちゃんと港まで送ってもらえるので安心ですね。帰り道に時間があればお土産屋さんなどにもお願いすれば寄ってもらえます。なるべく手間をかけずに旅行を堪能したいという人には特にオススメです。

3. カップル、女性の1人旅に

カップルや女性客の利用が多いというのもけだもと荘の特徴です。特に女性人気の理由は、女性専用のトイレ、バスルームが併設されているからでしょう。宿の方や常連客も親切なので過ごしやすいというのも人気ですね。

ふすまで仕切られている部屋割りなので、物音などはやはりよく聞こえてしまいます。それでも適度にプライバシーは守られるので、気楽に過ごせるのが魅力です。

ただ、女性にオススメという点に注目してみると、男性だけの利用客には少し無愛想ということもあるようです。女性の1人旅でも気楽に過ごせるようにと、特に女性には愛想良くして下さるみたいです。常連となる利用客も女性の割合が多いのもそうした理由なのかもしれませんね。

ですが、女性でも安心して利用出来る民宿というのは魅力です。友達を作るために1人で利用される女性客も多いのもけだもと荘の特徴です。

新婚旅行などで利用すると、おかみさんがお祝いにサータアンダギーを振る舞ってくれることも。カップル、夫婦だけでゆっくり過ごしたいという人にはあまり向かないかもしれません。

4. アットホームな“ゆんたく”

“ゆんたく”とは、沖縄弁で“おしゃべり”を意味する方言です。民宿などでいわれる“ゆんたく”は、客同士の飲みの席を意味します。夕食後にテラスで客同士、お酒を呑んで交流することが出来ます。

もちろん強制ではありませんが、せっかくなら参加してみたいものですね。おかみさんがおつまみを出してくれることもありますよ。宿泊客同士で交流が深まって仲良くなれる、というのも魅力ですね。

もちろん人同士なので合う、合わないがあります。それは皆同じですし、波長が合う人同士で盛り上がれるというのがゆんたくの醍醐味です。会社の呑み会のような、無理して合わせないと行けないという類のものでは無いので安心して下さい。

わいわいが苦手な人には少し抵抗があるかもしれませんが、旅の出会いは一期一会です。せっかく沖縄に来たのならとことん満喫してみてはどうでしょう。運が良ければ幻の泡盛といわれる泡波をいただけることもあるようです。

ただ注意したいのは、ゆんたくは終わる時間がハッキリと決められていない点です。盛り上がると深夜まで賑やかになるそうで、翌朝が早い、疲れていて早く休みたいなどの場合はあまりオススメ出来ないです。また、ゆんたくに参加しなかったら翌日に肩身の狭い思いをした、という人もいるそうです。

5. おかみさんの美味しい朝食

素泊まり2500円という破格なのですが、朝食はおかみさんが手作りで用意して下さいます。宿泊客の皆で並んでいただくスタイルです。学生の合宿のような、少し懐かしい気分を味わえますね。おかみさんの作る食事が美味しいというのも評判です。

素泊まりのみだと思って利用した方が、朝食が付いていて驚いたという声が多いです。ですが朝食は宿側からの厚意なので、内容も日によって違います。

沖縄伝統料理が並んだ朝食という時もあれば、おにぎりに即席のお味噌汁という時もあるそうです。こればっかりはその日の運に任せるしかないでしょう。どちらにせよ、素泊まり2500円で朝食が付くのは魅力ではないでしょうか。

おわりに

元々は朝夕食付のサービスがありましたが、現在は素泊まりのみで朝食付になっています。長く営業されている民宿なのでリピーターも多く、また泊まりたくなる宿として人気が高いです。

ただ、常連客とばかり交流している、輪に入りづらい、と思うこともあるかもしれません。その場所の空気が合うかどうかはやはり、実際に行ってみないと分かりません。こちらの情報も参考にしつつ、自分にあった宿を探してみましょう。


-波照間島の宿泊